ぞんかつ

雑多ブログ。防災,雑記,エンタメetc

「考えすぎてブログネタが決まらない病」から脱皮できたときの考え方を明かします

発信する側になると楽しい反面、悩みもありますね。

炎上怖いし批判はイヤ。といってもその段階は多くの人に注目され出してからの話なので、まだまだ新米ブロガーのうちは「ネタがない病」の方が陥りやすいかと思います。

 

筆者もブログ開始当初からずっとその病に苦しめられていたのですが、最近になってようやく克服の兆しが見えてきました。

これは過去の自分に向けて書いた記事でもありますが、同様の悩みを抱えている方々の一助になりますと幸いです。

スポンサードリンク

 

 

本記事の概要 

この記事では「考えすぎてブログのネタが浮かばない」「筆が進まない」という悩みに対し、要約すると以下の内容について詳述しています。

・オリジナリティなんか無理に出さなくていい。ツッコミ系の記事なら安全かつラク

・どうせ書いても読まれないという開き直りが大事

 

それでは説明していきます。

 

ボケよりツッコミ派になるべし

f:id:start20171212:20190710080701j:plain

世の中の人を2つに大別すると、オリジナル派か二次創作派のどちらかですよね。

そして大多数の人は二次創作派ではないでしょうか。日本人は特に。

 

最近のSEOはオリジナルコンテンツが重視されているという話が飛び交っているため、筆者も最初はオリジナル記事を発案しようと考えていたのですね。

でもオリジナルって難しくないですか?

というか、めちゃくちゃ難しいです。何もないところから着想はできないもの。

 

そこである人の「SNSって結局はボケかツッコミかで、ツッコミ派が圧倒的に多い。だから炎上するんだ」という発言を聞いてハッとしました。

ツッコミ派、二次創作派になる方が簡単なんだと。揚げ足とったり元ネタをアレンジするだけですからね。

 

そういえば自分から見て魅力的なブログを執筆しているブロガーさんも「ネタはパソコンの前でうんうん考えるものではなく、どこかから探してくるものだよ」とブログの中で教えてくれていたのですが、確かにその方の記事は何かのツッコミ系記事(データを添えた意見・感想・雑感)が大多数です。

それで月間100万PVもあるブログなのです。そんなんでいいのか、、と目からウロコでした。

 

もうおわかりでしょうが、ボケ(ネタ)を拾ってきてツッコミ記事を書いたらよいのです。わざわざ難しい方(オリジナル)を選択する必要なんてなかったのです。

 

しかもツッコミ派の方が安全

身近な人にいちいち真似された経験のある人にはあるあるな話です。

何もかも真似してくる人って、パクっておいて上から目線なのです。負けず嫌いも手伝って「影」が「本体」に成り換わろうとしてくるのですね。

 

「本体」、つまりオリジナル派はそのように二次創作者やツッコミ派の餌食になりやすいです。ファンだけでなくアンチや嫉妬する人間にもターゲットにされます。

ご存知のとおり日本人は二次創作側・ツッコミ側が多数なので、オリジナリティを出したところで出る杭は打たれやすい。

 

兄弟関係でも長子に追随する弟・妹の方が要領がよかったりしますよね。

「1位になるよりずっと2位でいる方が美味しい」みたいな言葉がありますけど、開拓者や一番手は受難も乗り越える必要があることから、ツッコミ派になってしまう方がラクで安全というメリットが大きいのです。

 

なおかつ便乗したネタでも「自分」というフィルターを通せばオリジナルになってしまいますからね。

 

どのブログも記事の3分の2は読まれないという事実に開き直ろう

f:id:start20171212:20190710070926j:plain

筆者がネタ出しできない原因は、ごちゃごちゃ考えすぎることにありました。

 

ネタそのものは案外浮かぶんですよね。ただ、その先なのです。pv数とか「他にも書いてる人いるし」とか有益な情報じゃないとか、やる前から結果を推測しすぎる。

行動バカが成功する

ってある意味当たってますね。

 

で、ブログ書けない病に悩んで他のブロガーさんの運営報告記事を読むことが多いのですけど、どのブログでも共通点があり「どんなに記事を積み重ねても全記事のうち3分の1しか読まれない」ということに気づきました。

 

これは自分の体験からも実感していたため、真実でしょう。ブログのpv数ってほとんど少数精鋭の記事が稼いでくれますね。

8:2の法則や2:8:2の法則が発見されているぐらいなのだから、残り3分の2の記事が全く読まれないのは別に不自然な現象ではないのです。

 

全部の記事に目を通してもらえるにこしたことはないですが、始めのうちは数撃ちゃ当たる戦法で、数百記事書いてから当たった記事だけ残していけばよいのです。

ということで、どうせ書いても読まれない

と悟った筆者はむしろリラックスしてネタ出しできるようになりましたw

 

たとえ読まれたとしても1記事につき月間pv一桁だったり、ブロガー1人につくフォロワーの人数なんてたかが知れています。日本人の総人口の中から多くてもせいぜい数万人とかですよ。つまり

自意識過剰なんだよ

ということを自覚しましたw

 

かといって記事の質を落とすのはご法度ですが、“案ずるより産むが易し”ですね。

 

【まとめ】

・オリジナリティなんか無理に出さなくていい。ツッコミ記事なら安全かつラク

・どうせ書いても読まれないという開き直りが大事

 

ブログ カテゴリーの記事一覧 - ぞんかつ