ぞんかつ

雑多ブログ。防災,雑記,エンタメetc

小説家やブロガーはAIに仕事を奪われるのか?を想像してみた

突然ですが、AIが書いた傑作小説が世に放たれたら、あなたはその作品を読みたいですか?

筆者は一度は読んでみたいです。やじうま的な興味本位で。

ただ、作者が人間であるかAIであるか後出しで知る実験に参加したと仮定して、「実はAIが書いた作品です」ということが判明した瞬間を想像してみました。

続きは目次の後から↓↓

スポンサードリンク

 

 

冷凍食品やお惣菜より、やっぱり手作りが食べたい

さて、作者がAIと判明したとき、筆者なら「シラけるかも」と思いました。

 

機械に人間の感性が理解できるわけがありません。どれほど知能と技術力が高度でも心がないという点が人間とAIの決定的な違いなのは衆知の事実です。

しょせん機械が人間のセンシティブな感情やらアンビバレンスを巧く表現したとしても、「あんたに何がわかる」と突っ込まれるのがオチではないですか。

 

書き手が人間の場合、「共感」も込みなのですね。となるとストーリーテラーやシナリオ作家、マンガの原作なんかは消滅するかもしれませんが、心理描写を核とした執筆家は生き残りそうです。

取材して実体験してくるルポライターも、当人が書いた方がよさそう。

 

音声と文章はビッグデータで集めやすい対象ですから、ストーリー小説や情報系のブログ記事なら簡単に機械化できてしまうでしょう。けれどAIが代替できないニッチは人間が継続していくことになります。

 

筆者ならAIが書いた記事より個人ブログのエントリーを読みたいです。

なんだか味気ないじゃないですか。情報系の記事はAIで十分だけど、冷凍食品やお惣菜よりやっぱり手作りの料理が食べたい心理みたいなものです。

 

小説もパーソナライズするかも

f:id:start20171212:20190712100026j:plain

ところで筆者は昔から小説をあまり読みません。ちょっと苦手なのです。

小説を読んでいると不愉快になってくるのですよ。こんなシーン想像させやがってー!!と勝手にキレますw

 

小説って書き手が提供するストーリーを一方的に受動するものなので、読んでいて途中で性描写とか暴力シーンが出てくると「この情景を想像してください」という指示に不本意に従わざるを得ないようでゲンナリします。こっちにも好き嫌いがあるんだよ、と。

 

それも作品のテーマ自体は性的なものやバイオレンスを連想させないのに、数百ページにわたる場面展開の中で一部そういったエピソードが挿入されていたりするものだから、読み手のこちら側にとってはいつも不意打ちをくらいます。

 

とはいえ自分もブログを書いているのでわかりますが、自分が書きたいものと読者が読みたいものって噛み合わないのですよね。

 

小説のセルフサービス

そこでちょっと未来が見えました。AIを使って小説を商業化する一つのケースとして、電子決済すると「ネット上で自分の読みたい小説をAIが作成してくれるツール」を利用できるかもしれません。

 

もちろん電子書籍なのでサービス提供者は低コストでウマー。サービス利用者も自分好みの娯楽ストーリーを堪能できてウマー。

 

いやいや人間が書いた文章がいい!!というコダワリ派のために人間の作家も存続できます。業界規模はさらに縮小するかもしれませんが。

 

ホリエモンこと堀江貴文さんが「別になくてもいい(遊び的な)仕事を人間がやるようになる」みたいな発言をしていますが、こういうことでしょう。

冷凍食品や惣菜があっても、手作りが重宝される共存世界になるのです。

スポンサードリンク

 

神さまは人間を創造したあと何やってるのだろう?

f:id:start20171212:20190712101326j:plain

機械に人間の感情までは理解できないと先述しました。けれどAIを搭載したロボットに手足があって感触や神経まで感じるセンサーもついていたら、AIもちゃんと体感ベースで感情を理解できてしまう日が来るかもしれません。

 

スティーブン・スピルバーグ監督の映画『A.I.』に出てくる主人公の男の子は、まるっきし人間と大差ないよう製造されているし、作中でローマ時代のコロッセウムでやっていたような殺戮ゲームとして、機械の破壊を楽しむ場面があります。

そこで大衆の前で破壊されるロボットが出番の直前に「背中にある神経のスイッチをオフにしてくれ」と他のロボットに頼んでいます。 

A.I. [Blu-ray]

A.I. [Blu-ray]

 

 

そのように人間の五感並みの神経を持ったAIロボットが誕生すると、人間の感情に寄り添うような仕事もロボットが担えてしまいます。

そこまで来ると世の中はほぼ暇人しかいなくなりますが、そもそも神さまだって天地創造したあと何やって過ごしてるの?と想像したことありませんか?

 

あえて聖書を例に挙げると、たった7日で神の仕事は完了してるじゃんw

あとは遊んでるんじゃない?

たまにワールドウォッチングしてたりするのかな?

 

人間もAIにとって神さまになるけど、自分たちの分身を創造したあとは何するのでしょうね。

日本人の場合、神さまが普段何やっているのかという先例を知ってからじゃないと神さま(暇人)になれなさそう。いちいち模倣文化だからさw

スポンサードリンク